NEWS

ニュース

芦生研究林保全とコロナ禍の学生教育を目的としたKDDIとの連携を発表致しました。

2020年10月22日、フィールド科学教育研究センターは、KDDI株式会社と芦生研究林の保全とVR(仮想現実)を活用した教育について連携することとなり、芦生研究林基金への寄付目録をいただき、フィールド研から感謝状を贈呈しました。また、芦生研究林の概要及びVR教育コンテンツの発表、体験会を開催しました。

 新型コロナウィルス感染症拡大のため、京都大学ではフィールド実習の実施が困難となっています。こうした事態を受け、このたび、VRを活用して森林フィールド実習の疑似体験を可能とする教育コンテンツ作製に関して、フィールド研とKDDI株式会社による連携をすすめることになりました。また近畿地方有数の原生的な自然が残る芦生研究林の保全を目指して、KDDI株式会社の社会貢献活動「+αプロジェクト 」で積み立てられたお金の一部 (50万円) を京都大学芦生研究林基金にご寄付いただくとともに、次年度以降、社員有志によるボランティア活動を計画いただいています。

宇佐見典正 KDDI株式会社 関西総支社長
徳地直子 フィールド研センター長
KDDI「ガイドVR-12K-」による
森林フィールド実習の疑似体験