NEWS

ニュース

芦生研究林に関する論文が発表されました。

2019年6月7日に中川光特定助教(2019年3月末までフィールド研特定助教・現在は東南アジア地域研究研究所特定助教)により、
ニホンジカの過採食による森林環境の改変が、河川環境の変化、さらには川の魚の個体数に影響を及ぼしている可能性があるという論文が発表されました。
芦生研究林の川を四季を通じて11年間調査した大変貴重な論文となっております。
RESEARCHER’S EYEに掲載しておりますので、是非一読ください。

森でシカが増えると、川の魚は増える?減る?
―長期観察から見えてきた森と川の意外なつながり―

RESEARCHER’S EYEの一覧はこちら

京都大学 研究成果発表:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190606_1.html