2020年度学生実習

2020年度に行われた学生実習

研究林実習I
ILASセミナー「森での感動を科学する」
メディアセンター実習「サイバーフィジカル混成による全学向けフィールド実習教育の展開」


研究林実習I
2020年8月25日―8月28日
研究林実習Iが行われ、64名の学生が参加しました。本年度は、新型コロナウィルスの影響により芦生研究林にて実習が行えないため、京都大学農学部にてオンライン講義と樹木識別を行いました。オンライン講義では芦生研究林の石原林長より研究林の豊富な植生やシカによる食害などの説明がありました。斜面に沿った樹木種組成の変化を技術職員が撮影した360°画像を用いて説明し、フィールドに近い学びを試行しました。樹木識別では技術職員が芦生研究林で前日採取し持ってきた葉や枝を使い、樹木の同定とさく葉標本の作成を行いました。
研究林内ではなく大学構内での実施となり、野外での生育環境を体験いただけなかったのは残念ですが、学生の皆さんは熱心に実習に取り組んでいました。

オンライン講義
樹木の解説
樹木の切り分け 1
樹木の切り分け 2

ILASセミナー「森での感動を科学する」
3日間のカリキュラムの1,3日目はキャンパス内での座学、2日目に日帰りで芦生を訪れ、8名の学生が参加しました。
大カツラ付近の渓流沿いで、環境により脳波にどのような変化があらわれるのか、センサーとスマホを用いて測定しました。
前日にキャンパス内で測定したデータと比較するため、3班に分かれ、水の流れや森林の音を聞き、日向と日陰の温度の違いを感じ、木の肌や水の流れに触れるなど、五感を様々に使った状態のデータを測定しました。


メディアセンター実習「サイバーフィジカル混成による全学向けフィールド実習教育の展開」

2020年9月23日〜25日

京都大学は芦生研究林をはじめ、多様な森里海のフィールド研究施設を持っています。
しかし多くが遠隔地にあり、なかなか気軽に訪れる事のできない各地のフィールドを、少しでも身近に感じてもらうにはどうしたら良いか。また、コロナ感染症の影響によりフィールドに来られなくなった学生達へ、バーチャル技術を使って現地での実習に近い体験を提供したい。
そのような思いを研究林の教職員は常日ごろから持っていました。
そしてついに、実習をバーチャルに置き換えるのではなく、フィールドでの実体験を強化するためのバーチャル技術の活用をコンセプトに、メディアセンターとフィールド研の共同研究が今年度からスタートしました。
9月23日から25日に、京都大学 学術情報メディアセンターの中村 裕一教授を始めとする教員や学生が芦生研究林を訪れ、石原林長、徳地センター長、館野准教授の案内の元、ウェアラブルカメラ、360度カメラ、3Dカメラ等を使用して研究林内を散策しました。
今回の目的は、始めて研究林に入る人が何に注目するか、森林生態系の専門家から説明を受ける前後で、森林の見方が変化するか、といったことを検証するため、カメラを使って視線の移動などを追跡しました。
コロナ対策で制限が多い中、学生達は初めての芦生研究林を堪能したようです。
研究林としては、これらの結果から、今後の講義や実習でのより効果的な解説方法を検討したり、撮影動画を編集し研究林の紹介に使いたいと考えています。

360°撮影の準備
熊剥ぎの解説